2018年12月の記事一覧

大蓮寺(伏見区)

案内 写真はクリックすれば拡大

伏見の浄土宗のお寺、大蓮寺さんの写真です。

大蓮寺の写真素材


本堂の奥にご本尊の五劫思惟阿弥陀如来像が安置されています。いわゆるアフロ仏です。
写真はありませんが、本堂欄間の彫刻が素晴らしいです。

大蓮寺の写真素材


桜咲く宇治川派流から見える大蓮寺

大蓮寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

報土寺

案内 写真はクリックすれば拡大

仁和寺街道沿いに建つ浄土宗のお寺、報土寺さんの写真です。
太平洋戦争後まで、すぐそばが遊郭があり、引き取る親族のない遊女を弔ったことで投げ込み寺などと呼ばれたことも。
この日は山門は閉じられていました。

報土寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

高台寺 岡林院

案内 写真はクリックすれば拡大

ねねの道沿いに建つ高台寺の塔頭、岡林院さんの写真です。
非公開のお寺ですが、門前に触れ仏のお地蔵さんが置かれています。見る蔵・言う蔵・聞く蔵という名前の3体。
ねねの道から石畳の先に丸窓が見えますので、足を運ぶひともけっこう多いようです。
紅葉の時期もとても風情があります。

岡林院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

霊山観音

案内 写真はクリックすれば拡大

観音さんに虹がかかった夕方。

虹と霊山観音の写真素材


観音さんを正面から。

霊山観音の写真素材

遠くからでも巨大な白い観音さまの姿が見えます。左の塔は八坂の塔。

八坂の塔と霊山観音の写真素材


八坂の塔と霊山観音の写真素材

第二次大戦戦没者の慰霊のために建立されたお寺です。

霊山観音の写真素材

霊山観音の写真素材

こどもとの大きさの対比を見てください!

霊山観音の写真素材

桜の季節もきれいです。

霊山観音の桜の写真素材

雪に霞む観音さん。

雪の霊山観音の写真素材

雪の霊山観音の写真素材


夏の夕暮れ時。

夕暮れの霊山観音の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

高台寺

案内 写真はクリックすれば拡大

北政所ねねさんゆかりの高台寺さんの写真です。
青もみじのトンネルになった台所坂。

高台寺 台所坂の青もみじの写真素材


ねねの道を歩いていて思わずすいこまれそうになる景色です。

高台寺 台所坂の青もみじの写真素材


夏の夕暮れの台所坂。

高台寺 台所坂の黄昏の写真素材


お化け提灯がオレンジに光る。

高台寺 台所坂の黄昏の写真素材


新緑のころの庫裏の前。

高台寺 新緑

夏の日暮れの庫裏の前。

高台寺 の写真素材


玄関の夢の衝立。

高台寺 の写真素材


波心庭。美しい枝垂桜は元気な葉桜に。

高台寺 新緑

新緑の臥龍池。

高台寺 新緑の臥龍池 写真素材


雨の臥龍池。向こうの斜めの屋根は臥龍廊。

高台寺 雨の臥龍池の写真素材


臥龍池と臥龍廊。

高台寺 雨の臥龍池の写真素材

秋の高台寺の波心庭。

高台寺 秋の写真素材
高台寺、紅葉の写真をもっと見る


雪の降る日の高台寺、石段。

高台寺 雪の写真素材


雪の降る日の高台寺、庫裏。

高台寺 雪の写真素材


しだれ桜咲く春の高台寺波心庭。

高台寺 桜の写真素材


いまお庭に残っている桜は一本だけですが、たいへん形の良い絵になる枝垂桜です。

高台寺 桜の写真素材


高台寺 桜の写真素材


春の夜の高台寺波心庭ライトアップ。

高台寺 桜のライトアップ写真素材


毎年、演出はがらりと変わり、見逃せません。

高台寺 桜ライトアップの写真素材

高台寺 桜ライトアップの写真素材


桜にライトを当て続けないように、ほとんどは暗い時間です。
明るくなるのはほんの数秒。

高台寺 桜ライトアップの写真素材


その数秒がシャッターチャンス。

高台寺 桜ライトアップの写真素材

高台寺 桜ライトアップの写真素材


竹林のライトアップも美しい。

高台寺 竹林 ライトアップの写真素材

竹の隙間に光るのはお月さん。

高台寺 竹林 ライトアップの写真素材


夜の臥龍廊。

高台寺 臥龍廊 ライトアップの写真素材


高台寺南門。
くぐることはできません。忘れられたような存在。

高台寺南門の写真素材

ねねの道の写真も載せておきます。
石畳が改装されてきれいになったねねの道。
人力車がひんぱんに通ります。

ねねの道の写真素材


いちおう車道なのでクルマも通ります。

ねねの道の写真素材


春の宵のねねの道を和装のカップルが歩く。

高台寺南門の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都霊山護国神社

案内 写真はクリックすれば拡大

幕末明治の維新の志士たちを祀る霊山護国神社の写真です。
ここまで坂道を登ってくるのが、意外ときついです。

京都霊山護国神社の写真素材

右手の山手にある墓地には坂本龍馬、中岡慎太郎、桂小五郎など志士たちのお墓がたくさん並んでいます。
坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓。たくさんのかたが訪れます。人気はいまも健在。

京都霊山護国神社 坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓の写真素材

春は桜の花でいっぱいの境内。

京都霊山護国神社の桜の写真素材


京都霊山護国神社の桜の写真素材


坂本龍馬と中岡慎太郎の墓前からの景色。

京都霊山護国神社の写真素材


八坂の塔がよく見えます。

京都霊山護国神社から見る八坂の塔の写真素材


京都霊山護国神社から見る八坂の塔の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

高台寺 春光院

案内 写真はクリックすれば拡大

ねねの道沿いに建つ高台寺の塔頭春光院さんの写真です。
茅葺き屋根の山門がこのあたりの風景によく合います。
境内には摩利支天を祀るお堂があり、山門前に置かれた触れ仏は猪に乗った摩利支天さん。

高台寺 春光院の写真素材

非公開のお寺ですが、外から見える紅葉が素敵です。

高台寺 春光院の写真素材

高台寺 春光院の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

高台寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

北政所ねねゆかりのお寺、高台寺さんの紅葉の写真です。
散ったカエデの葉が印象的な台所坂。

高台寺の紅葉の写真素材


高台寺の紅葉の写真素材


高台寺は太閤秀吉の菩提を弔うために、正室の北政所ねねが建立したお寺。
火災などで焼失し、当時から残っているのは開山堂等。
紅葉も美しいが、その前の萩も良いです。もちろん春の桜は必見。
春と秋のライトアップは特におすすめしたいです。

高台寺の紅葉の写真素材


晴れた日に行くことができました。

高台寺の紅葉の写真素材

高台寺の紅葉の写真素材

高台寺の紅葉の写真素材

次にライトアップの高台寺さんの写真です。
たいへん混雑して人だらけですが、さすがに綺麗です。
方丈の前の広いお庭「波心庭」の写真です。
明るいライトアップではなく、かなり暗いです。写真はもっとも明るいタイミング。この後は闇に近くなります。

高台寺の紅葉ライトアップの写真素材


毎年テーマもレイアウトも変わりますので、この景色はひとシーズン限り。

高台寺の紅葉ライトアップの写真素材


さらに見所は臥龍池に映るカエデなのですが、暗いので手持ちではうまく撮れません。

高台寺の紅葉ライトアップの写真素材

高台寺の紅葉ライトアップの写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

圓徳院

案内 写真はクリックすれば拡大

圓徳院さんは、豊臣秀吉の正室・北政所ねねが晩年を過ごしたお寺です。
紅葉が美しいお庭がふたつあります。
こちらはたおやかでやさしい感じの南庭。

圓徳院の紅葉の写真素材

ここから北庭までは、迷路のようになった建物の中の廊下をうねうねと歩きます。


大迫力の北庭。

圓徳院の紅葉の写真素材


伏見城にあった北政所化粧御殿の前庭を移したもの。

圓徳院の紅葉の写真素材

昔は池泉回遊式庭園だったそうですが、いまは枯山水。

圓徳院の紅葉の写真素材


ちょっと画像が荒いですが、紅葉ライトアップの圓徳院の写真です。

圓徳院の紅葉の写真素材


圓徳院の紅葉の写真素材


秋には圓徳院さんのふたつのお庭がライトアップされます。
高台寺が大渋滞でもこちらは比較的ゆったりと鑑賞できます。

圓徳院の紅葉の写真素材

次に、圓徳院さんの青もみじの写真です。
苔とツワブキの前庭。

圓徳院前庭の写真素材


唐門を入って直ぐの優美な南庭。

圓徳院 青もみじの写真素材


メインの北庭は巨石が配置されている豪快な枯山水庭園。

圓徳院 青もみじの写真素材

圓徳院の前庭の椿。

圓徳院の前庭の椿の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

濡髪大明神

案内 写真はクリックすれば拡大

知恩院境内の奥まったところに建つ濡髪大明神の写真です。
墓地の奥にあり、初めて行くときには不安に思うかもしれません。
縁結びの神様「濡髪さん」として、祇園の女性達が人知れずお参りに来るところです。

濡髪大明神の写真素材

すぐそばには千姫(徳川秀忠の長女)の大きなお墓があります。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年12月 [2]
  2. 2021年11月 [1]
  3. 2021年10月 [4]
  4. 2021年9月 [3]
  5. 2021年8月 [1]
  6. 2021年7月 [2]
  7. 2021年6月 [2]
  8. 2021年5月 [3]
  9. 2021年4月 [2]
  10. 2021年3月 [2]
  11. 2021年2月 [1]
  12. 2020年12月 [3]
  13. 2020年11月 [1]
  14. 2020年10月 [28]
  15. 2020年8月 [34]
  16. 2020年7月 [10]
  17. 2020年6月 [8]
  18. 2020年5月 [21]
  19. 2020年4月 [8]
  20. 2020年3月 [6]
  21. 2020年2月 [4]
  22. 2020年1月 [26]
  23. 2019年12月 [6]
  24. 2019年11月 [2]
  25. 2019年9月 [8]
  26. 2019年8月 [1]
  27. 2019年7月 [10]
  28. 2019年6月 [24]
  29. 2019年5月 [8]
  30. 2019年4月 [16]
  31. 2019年3月 [19]
  32. 2019年2月 [11]
  33. 2019年1月 [12]
  34. 2018年12月 [15]
  35. 2018年11月 [16]
  36. 2018年10月 [67]
  37. 2018年9月 [63]
  38. 2018年8月 [54]
  39. 2018年7月 [29]
  40. 2018年6月 [95]
  41. 2018年5月 [95]
  42. 2018年4月 [93]
  43. 2018年3月 [35]
  44. 2018年2月 [47]
  45. 2018年1月 [10]
  46. 2017年12月 [8]
  47. 2017年11月 [10]
  48. 2017年1月 [4]
  49. 2016年12月 [27]
  50. 2016年11月 [10]
  51. 2016年7月 [1]
  52. 2016年6月 [2]
  53. 2016年4月 [1]
  54. 2016年1月 [1]
  55. 2015年12月 [5]
  56. 2015年8月 [3]
  57. 2015年6月 [4]
  58. 2015年5月 [2]
  59. 2015年3月 [3]
  60. 2014年12月 [2]
  61. 2014年11月 [5]
  62. 2014年10月 [1]
  63. 2014年9月 [3]
  64. 2014年6月 [7]
  65. 2014年5月 [4]
  66. 2014年4月 [1]
  67. 2014年3月 [3]
  68. 2014年2月 [6]
  69. 2014年1月 [9]
  70. 2013年12月 [3]
  71. 2013年9月 [3]
  72. 2013年8月 [2]
  73. 2013年6月 [1]
  74. 2013年5月 [6]
  75. 2013年4月 [14]
  76. 2013年3月 [7]
  77. 2013年2月 [2]
  78. 2013年1月 [4]
  79. 2012年12月 [4]
  80. 2012年11月 [8]
  81. 2012年10月 [9]
  82. 2012年9月 [8]
  83. 2012年8月 [16]
  84. 2012年7月 [2]
  85. 2012年6月 [1]
  86. 2011年5月 [4]
  87. 2011年4月 [9]
  88. 2010年7月 [1]
  89. 2008年8月 [1]
  90. 2008年7月 [1]
  91. 2008年6月 [2]
  92. 2000年7月 [1]
  93. 2000年5月 [2]
  94. 2000年4月 [1]
  95. 2000年3月 [2]