sozai_head.jpg

京都のフリー写真素材の一例:recommend

    銀閣寺の雪 金閣寺 伏見稲荷大社の千本鳥居 天龍寺 八坂の塔 冬の清水寺 宇治田原の正寿院のハート窓 厭離庵(えんりあん)の紅葉 龍安寺の石庭 京都タワーと青空 桜:上賀茂神社 琵琶湖疏水 山科 安朱橋 夕景 源光庵 仁和寺の御室桜 河合神社の鏡絵馬 東福寺の紅葉 秋の大文字山 西芳寺(苔寺) 平等院 下鴨神社 三千院 西本願寺 醍醐寺 京都の満月

京都フリー写真素材・無料素材

当サイトにおこしいただきありがとうございます!
京都フリー写真素材集』では主に京都の寺社・観光地などのホームページ用写真素材・WEB用写真無料配布しています。

◎ WEB、紙、印刷、放送、動画などどんな媒体でもOK。
◎ ネットショップなど商用利用もOK。
◎ 加工してもそのままでもOKです。
◎ ユーザー登録一切不要。
◎ クレジット無しでOK。
◎ ただし、お手持ちのホームページやブログから当サイトへのリンクを貼ってください。ツイッターやフェイスブックでも大丈夫です。
リンクウェアですので、放送・印刷ほかどんな媒体に使用される場合も、WEB上のリンクが必要になります。どうぞご協力お願いします。)


ごく普通のルールさえ守っていただければハッピーです。京都の紹介にどしどしお役立てください。

だめなこと

NG:写真素材を配布する。売る。貸与する。(当サイトの写真は著作権で保護されています)
NG:被写体のイメージを損なう使いかたをする。(被写体側が不快に感じるような使い方はできません)
NG:リンクを記載せずに使う。(無断使用料の請求を行うことができます)


被写体側の権利については当方にはなんの権限もありませんので、別途、被写体側の団体や寺社に交渉が必要となるケースも出て来ると思われます。その場合は利用者自らが許諾を得てご利用ください。
この他にも多数の写真があり、なかなかアップしきれません。
ご要望があれば、対処できることもあるかと思いますので、お問い合わせよりメッセージをください。
(多忙につきお返事できないこともあります。ご容赦を)

雪の京都の写真

案内 写真はクリックすれば拡大

京都市内は年に2〜3回しかが積もりません。それもお昼には融けてしまうことが多いです。
雪の写真を撮り溜めるのは何年もかかります...。
次は、雪の東福寺と平等院を狙っています。


雪の金閣寺


が積もったとき、たくさんの方の脳裏に「そうだ!雪の金閣寺を見よう!」という思いがわき起こるようで、そんな日の金閣寺は拝観券を買うのに長い行列ができてしまうほど。
ひとことで言えば「激混み」です。帰りのバス停もたいへんなことに...。
金閣寺の雪景色の写真素材

雪の金閣寺の写真

雪の銀閣寺

金閣寺ほどではありませんが、雪の銀閣寺も混みます。 雪が多いと山手を回遊できる道が通行止めになりますので、いつもより歩ける範囲がだいぶんせまくなります。
雪の日の銀閣の写真素材
雪の銀閣寺の写真

雪の清水寺

元々美しい景色をほこる清水さん。雪の積もった清水の舞台はさらに綺麗です。 舞台は傾斜しているので、すってんころりん事故防止のため舞台の外側は入れなくなります。
清水寺の雪の無料写真素材
雪の清水寺の写真

雪の清水・二年坂

絵になる清水の二年坂や三年坂。転ぶと二年以内・三年以内に死にますのでそろそろと歩いてください。
二年坂の雪の無料写真素材
雪の二年坂・三年坂の写真

雪の平安神宮

敷地が広いだけに平安神宮は雪が積もるとシンプルで美しい光景を見ることができます。 早朝から開いていますので、写真を撮るなら暗いうちに。
平安神宮の雪の無料写真素材
雪の平安神宮の写真


雪の貴船神社


本殿への石段の雪景色がきれいです。駅から雪の中を歩くのは難儀します。
奥宮まで行けば、雪の深さが違います。
最近では積雪のある日だけライトアップを行っておられます。
貴船神社の雪景色の無料写真

雪の貴船神社の写真


雪の鞍馬寺


鞍馬山に雪が積もると本殿までのつづら折りの山道を歩くのはなかなかたいへん。
山奥だけに景色は雄大です。
奥の院までも行けますが、わたしはやめておきました。
鞍馬寺の雪景色の無料写真

雪の鞍馬寺の写真


雪の妙満寺


岩倉幡枝の妙満寺さん。有名な「雪の庭」は、ぜひ雪の日に見たいものです。
妙満寺の雪景色の無料写真

雪の妙満寺の写真


雪の下鴨神社


世界遺産下鴨神社の雪景色。雪でも初詣客は続々と。
下鴨神社の雪景色の無料写真

雪の下鴨神社の写真

雪の上賀茂神社

世界遺産上賀茂神社の雪景色。広大な芝生の参道が雪で真っ白に。
上賀茂神社の雪景色の無料写真
雪の上賀茂神社の写真


雪の鴨川


雪の朝の鴨川デルタ。遊んでいる人がたくさん。
川の雪景色は広がりがあっていいですね。
京都 鴨川の雪の無料写真

雪の鴨川の写真


雪の相国寺


同志社のすぐ北側にありますが、雪が積もると山奥のお寺みたいになりました。
相国寺の雪景色の無料写真素材

雪の相国寺の写真

雪の天龍寺

天龍寺さんは世界遺産。池越しの雪景色がきれいです。屋根にたくさん雪を積んでいます。
天龍寺の雪景色の写真素材
雪の天龍寺の写真

雪の渡月橋

京都の雪景色の定番のひとつ。白い嵐山を背景にした渡月橋は確かにとても美しい。
京都 嵐山 渡月橋の雪の写真素材
雪の渡月橋の写真


雪の常寂光寺


小倉山の中腹の常寂光寺さんの雪景色。多宝塔が雪に映えます。
常寂光寺の雪の写真素材

雪の常寂光寺の写真

雪の愛宕念仏寺

愛宕念仏寺まで歩くとなるとけっこうたいへんです。でも雪の積もる羅漢さんは見応えがあります。
愛宕念仏寺の雪景色の写真素材
雪の愛宕念仏寺の写真

雪の祇王寺

雪の積もった苔庭に陽が差すとカエデの影がゆらゆらとできて幻想的。
祇王寺の雪景色の写真素材
雪の祇王寺の写真

雪の仁和寺

御室桜のころもある意味雪景色のようですが、本当の雪景色もまた格別です。
仁和寺の雪景色の写真素材
雪の仁和寺の写真

雪の龍安寺

ザロックガーデンインザスノウ。 軽い積もり方で砂紋がうっすら見えるほうが良しとされます。
龍安寺の雪景色の写真素材
雪の龍安寺の写真

雪の青蓮院

青蓮院門跡の雪景色。建物の中の畳も床も冷え冷えとしていました。
雪の青蓮院門跡の写真素材
雪の青蓮院の写真

雪の霊鑑寺

寒い季節、霊鑑寺さんはずっと閉まったままです。でも門前の景色はいいです。
雪の霊鑑寺の写真素材
雪の霊鑑寺の写真

雪の安楽寺

安楽寺さんも冬は閉まっています。
雪の安楽寺の写真素材
雪の安楽寺の写真


雪の哲学の道


哲学の道を歩くひとも秋が終われば少ないです。雪の日はあまり人に会いませんでした。
哲学の道・雪の写真素材

雪の哲学の道の写真

雪の南禅寺

雪の中、早朝にもかかわらず参拝者はちらほらとありました。
南禅寺の雪の写真素材
雪の南禅寺の写真


雪の永観堂


モミジの永観堂も真っ白。ついひと月前は境内は真っ赤だったのに魔法のようです。
永観堂の雪景色の無料写真素材
雪の永観堂の写真


雪の毘沙門堂


雪が降ると良い景色がいっぱいの毘沙門堂。
毘沙門堂 本堂の雪景色の写真素材

雪の毘沙門堂の写真


雪の琵琶湖疏水


凍りそうに見える疏水の水。でも、陽が差すとすぐにいつもどおりの景色に戻ります。
雪 京都山科の疏水の写真素材

雪の琵琶湖疏水の写真


雪の鉄道


雪の朝も、山科の築堤をたくさんの列車が行き交います。
雪 京都山科のJRの写真素材

雪の鉄道の写真

雪の天橋立

雪の積もった天橋立は美しさが際立ちます。
雪の天橋立の写真素材
雪の天橋立の写真


雨の京都の写真はこちらに


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大神宮社

案内 写真はクリックすれば拡大

叡電の市原駅のすこし南に鎮座する小さな神社、大神宮社さんの写真です。
市原地区の氏神さまで、天照皇大神を祭神としています。

大神宮社の写真素材


石段のかたわらで水車が回っています。

大神宮社の写真素材


鳥居のすぐ前の低い高架を叡電が轟音を立てて通り過ぎます。
きららと向こうの厳島神社の鳥居の色が同じオレンジです。

大神宮社の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年12月 [2]
  2. 2021年10月 [3]
  3. 2021年9月 [3]
  4. 2021年8月 [1]
  5. 2021年7月 [2]
  6. 2021年6月 [2]
  7. 2021年5月 [3]
  8. 2021年4月 [2]
  9. 2021年3月 [2]
  10. 2021年2月 [1]
  11. 2020年12月 [3]
  12. 2020年11月 [1]
  13. 2020年10月 [22]
  14. 2020年8月 [34]
  15. 2020年7月 [10]
  16. 2020年6月 [8]
  17. 2020年5月 [21]
  18. 2020年4月 [8]
  19. 2020年3月 [6]
  20. 2020年2月 [4]
  21. 2020年1月 [26]
  22. 2019年12月 [6]
  23. 2019年11月 [2]
  24. 2019年9月 [18]
  25. 2019年8月 [1]
  26. 2019年7月 [10]
  27. 2019年6月 [30]
  28. 2019年5月 [8]
  29. 2019年4月 [16]
  30. 2019年3月 [19]
  31. 2019年2月 [10]
  32. 2019年1月 [12]
  33. 2018年12月 [15]
  34. 2018年11月 [16]
  35. 2018年10月 [67]
  36. 2018年9月 [86]
  37. 2018年8月 [54]
  38. 2018年7月 [31]
  39. 2018年6月 [95]
  40. 2018年5月 [96]
  41. 2018年4月 [94]
  42. 2018年3月 [35]
  43. 2018年2月 [49]
  44. 2018年1月 [10]
  45. 2017年12月 [8]
  46. 2017年11月 [10]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [27]
  49. 2016年11月 [10]
  50. 2016年7月 [1]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [5]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [4]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [3]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [3]
  63. 2014年6月 [7]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [6]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [5]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年8月 [2]
  72. 2013年6月 [1]
  73. 2013年5月 [6]
  74. 2013年4月 [14]
  75. 2013年3月 [7]
  76. 2013年2月 [2]
  77. 2013年1月 [4]
  78. 2012年12月 [4]
  79. 2012年11月 [8]
  80. 2012年10月 [9]
  81. 2012年9月 [8]
  82. 2012年8月 [16]
  83. 2012年7月 [2]
  84. 2012年6月 [1]
  85. 2011年5月 [4]
  86. 2011年4月 [9]
  87. 2010年7月 [1]
  88. 2008年8月 [1]
  89. 2008年7月 [1]
  90. 2008年6月 [2]
  91. 2000年7月 [1]
  92. 2000年5月 [2]
  93. 2000年4月 [1]
  94. 2000年3月 [2]