sozai_head.jpg

タグ「西陣」の一覧

西陣 興聖寺

案内 写真はクリックすれば拡大

Kosho-ji(Oribe-dera)
古田織部との関わりが深く、織部寺とも呼ばれる西陣の臨済宗のお寺、興聖寺さんの写真です。
虚応円耳(きいんえんに) が開山となり、古田織部が1603年に創建。

西陣 興聖寺の写真素材

堀川通に面した大きな門は、以前はいつも閉まっているイメージがありましたが、近年は朝の座禅などで広く親しまれているお寺です。

西陣 興聖寺の写真素材

山門から本堂まではまっすぐ。

西陣 興聖寺の写真素材

広く清々しい冬の境内です。

西陣 興聖寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

妙顕寺 實成院

案内 写真はクリックすれば拡大

妙顕寺塔頭の實成院さんの写真です。
妙顕寺境内の北側に建つお寺です。

妙顕寺 實成院の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

妙顕寺

案内 写真はクリックすれば拡大

妙顕寺大本堂。

妙顕寺


梅のころの妙顕寺さん。

妙顕寺

ソメイヨシノのころの妙顕寺さん。

妙顕寺


紅枝垂桜のころの妙顕寺さん。

妙顕寺

新緑の妙顕寺。客殿の前に広がる「四海唱導の庭」。

妙顕寺


白砂が目にまぶしすぎるので、晴れの日ではないほうがいいかもしれません。

妙顕寺


孟宗竹の坪庭。

妙顕寺

光琳曲水の庭。クロマツとアカマツが迫力あります。

妙顕寺


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

雨宝院

案内 写真はクリックすれば拡大

西陣の雨宝院さんの写真です。「西陣の聖天さん」と呼ばれるお寺。
山門の向こうは、深い緑で薄暗いほどの境内。

雨宝院の桜写真


木漏れ日が心地いいお参り。

雨宝院の桜写真


雨宝院の桜写真


雨宝院がもっとも注目を集めるのは春。

雨宝院の桜写真


遅めの八重桜が小さな境内を埋め、たいへんな美しさに。本堂前の桜は歓喜桜。

雨宝院の桜写真


雨宝院の桜写真

雨宝院の桜写真

雨宝院の椿写真

雨宝院の桜写真

黄緑の御衣黄桜も咲きます。

雨宝院の桜写真


椿も多いです。

雨宝院の桜写真


秋の雨宝院さん境内。
桜の葉っぱが色づいて、そして散っています。

雨宝院の秋の写真


雨宝院の秋の写真


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

妙蓮寺

案内 写真はクリックすれば拡大

Myoren-ji
西陣の妙蓮寺さんの写真です。

妙蓮寺の門前の写真


冬でも咲いている妙蓮寺さんの御会式桜。

妙蓮寺の桜の写真


お正月にだってこのボリュームで咲いています。

妙蓮寺の桜の写真


たくさん咲く芙蓉。

妙蓮寺の芙蓉の写真


妙蓮寺の芙蓉の写真


妙蓮寺の本堂と芙蓉の写真

妙蓮寺の芙蓉の写真

改修前の渋い本堂。

妙蓮寺の本堂の写真


改修後のさわやかな本堂。

妙蓮寺の本堂の写真


形の良い鐘楼。

妙蓮寺の鐘楼の写真


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

立本寺

案内 写真はクリックすれば拡大

西陣の立本寺さんの桜咲くころの写真です。

立本寺の写真素材

本堂前も桜でいっぱいで、近所の方や保育園のこどもたちが集まっていました。

立本寺の写真素材

鬼子母神を祀る刹堂。

立本寺の写真素材

桜の写真ばかりでしたので、次は違う時期の写真を撮りたいなと思っています。


秋の立本寺さんの写真、追加しました。
桜が散ると早々と冬の景色になります。

立本寺の写真素材


チャームスイート京都立本寺が建ったので、通り抜けはできなくなったようです。

立本寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

櫟谷七野神社

案内 写真はクリックすれば拡大

西陣の町のちょっと入りくんだところに建つ櫟谷七野神社の写真です。

櫟谷七野神社の写真素材

復縁を願うひとが密かに訪れる神社でもあります。

櫟谷七野神社の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

宝鏡寺

案内 写真はクリックすれば拡大

宝鏡寺さんの写真です。百々御所とも呼ばれます。
皇族の子女たちが入寺して暮らした門跡寺院で、天皇から贈られたお人形が次第に増えていき、人形寺と呼ばれるようになりました。

宝鏡寺門前。春の人形展の看板が出ています。

宝鏡寺の写真素材

宝鏡寺さんのカエデは巨大です。

宝鏡寺の紅葉の写真素材


宝鏡寺の紅葉の写真素材

たくさんの人形のなかでも有名なのは万勢伊さん。
後西天皇の皇女のものだった人形で、持ち主のことを気遣い、毎晩あんどんを手に持ってお寺の境内を見回ったそうです。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

本隆寺

案内 写真はクリックすれば拡大

西陣の本隆寺さんの写真です。
焼けずの寺、不焼寺とも呼ばれます。
大きな本堂。

本隆寺の本堂


本堂のわきの夜泣止松。

本隆寺の松の写真素材


本隆寺百日紅はそれはそれはもう見事!

本隆寺のさるすべりの写真素材

花の密度がすごいです。

本隆寺のさるすべりの写真素材

これでもピークを少し過ぎているとか。

密度が高い本隆寺の桜。

本隆寺の桜の写真素材

本隆寺の桜の写真素材

本隆寺の桜の写真素材

本隆寺の桜の写真素材

裏手の斜めの桜もすごい密度。

本隆寺の桜の写真素材

紅枝垂れ桜も咲いています。

本隆寺の桜の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年6月 [2]
  2. 2022年4月 [1]
  3. 2022年3月 [1]
  4. 2022年2月 [1]
  5. 2022年1月 [7]
  6. 2021年12月 [8]
  7. 2021年11月 [1]
  8. 2021年10月 [4]
  9. 2021年9月 [3]
  10. 2021年7月 [1]
  11. 2021年6月 [3]
  12. 2021年5月 [3]
  13. 2021年4月 [1]
  14. 2021年3月 [2]
  15. 2021年2月 [1]
  16. 2020年12月 [3]
  17. 2020年11月 [4]
  18. 2020年10月 [29]
  19. 2020年8月 [34]
  20. 2020年7月 [10]
  21. 2020年6月 [8]
  22. 2020年5月 [21]
  23. 2020年4月 [8]
  24. 2020年3月 [6]
  25. 2020年2月 [4]
  26. 2020年1月 [26]
  27. 2019年12月 [6]
  28. 2019年11月 [2]
  29. 2019年9月 [8]
  30. 2019年8月 [1]
  31. 2019年7月 [10]
  32. 2019年6月 [25]
  33. 2019年5月 [8]
  34. 2019年4月 [16]
  35. 2019年3月 [19]
  36. 2019年2月 [11]
  37. 2019年1月 [12]
  38. 2018年12月 [15]
  39. 2018年11月 [16]
  40. 2018年10月 [67]
  41. 2018年9月 [63]
  42. 2018年8月 [55]
  43. 2018年7月 [29]
  44. 2018年6月 [95]
  45. 2018年5月 [93]
  46. 2018年4月 [93]
  47. 2018年3月 [35]
  48. 2018年2月 [47]
  49. 2018年1月 [10]
  50. 2017年12月 [8]
  51. 2017年11月 [7]
  52. 2017年1月 [4]
  53. 2016年12月 [27]
  54. 2016年11月 [10]
  55. 2016年7月 [1]
  56. 2016年6月 [1]
  57. 2016年4月 [1]
  58. 2016年1月 [1]
  59. 2015年12月 [5]
  60. 2015年8月 [3]
  61. 2015年6月 [4]
  62. 2015年5月 [2]
  63. 2015年3月 [3]
  64. 2014年12月 [2]
  65. 2014年11月 [5]
  66. 2014年10月 [1]
  67. 2014年9月 [3]
  68. 2014年6月 [7]
  69. 2014年5月 [4]
  70. 2014年4月 [1]
  71. 2014年3月 [3]
  72. 2014年2月 [6]
  73. 2014年1月 [9]
  74. 2013年12月 [3]
  75. 2013年9月 [3]
  76. 2013年8月 [3]
  77. 2013年5月 [6]
  78. 2013年4月 [14]
  79. 2013年3月 [7]
  80. 2013年2月 [2]
  81. 2013年1月 [4]
  82. 2012年12月 [4]
  83. 2012年11月 [7]
  84. 2012年10月 [9]
  85. 2012年9月 [8]
  86. 2012年8月 [16]
  87. 2012年7月 [2]
  88. 2012年6月 [1]
  89. 2011年5月 [4]
  90. 2011年4月 [9]
  91. 2010年7月 [1]
  92. 2008年8月 [1]
  93. 2008年7月 [1]
  94. 2008年6月 [2]
  95. 2000年7月 [1]
  96. 2000年5月 [2]
  97. 2000年4月 [1]
  98. 2000年3月 [2]