sozai_head.jpg

タグ「船井郡京丹波町」の一覧

大福光寺

案内 写真はクリックすれば拡大

船井郡京丹波町の真言宗御室派のお寺、大福光寺さんの写真です。
毘沙門天が御本尊なので「蕨の毘沙門さん」とも呼ばれています。
山門も塀も生垣もなく、どこからでも気軽に入れる境内です。

大福光寺の写真素材


1327年に建てられた本堂は重要文化財。

大福光寺の写真素材

多宝堂も古く、鎌倉時代後期のもの。重要文化財。

大福光寺の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

由良川

案内 写真はクリックすれば拡大

由良川の河口にかかる丹鉄の由良川橋梁。

由良川 京都丹後鉄道の写真素材


由良オリーブもみじ公園から見る由良川の河口。

由良川 京都丹後鉄道の写真素材


三国岳の杉尾峠を水源として、京都府を横断するように西向きに流れ、福知山で急に向きを変えて、若狭湾に出る一級河川。
流域には河岸段丘も多く、迫力のある景色を作っています。


安栖里駅の西の道路から見下ろす雄大な景色。
写真ではもうひとつ伝わらないかもしれませんが、くらくらするような高さです。

由良川 京都丹後鉄道の写真素材

福知山市。土師川がまもなく由良川と合流します。
福知山城や丹波大文字の姫髪山が見えます。

福知山城と土師川の写真素材


由良川は福知山城のすぐそばを流れます。

由良川と福知山城の写真素材

写真、追加します。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

大圓寺

案内 写真はクリックすれば拡大

京丹波町の丘の上に建つ大圓寺さんの写真です。背後は美女山です。
たくさんの桜の木が植えられていて、春は華やぎます。

大圓寺の桜の写真素材

桜越しの眺めが素敵です。

大圓寺の桜の写真素材


晩秋には色鮮やかな紅葉の景色が見られます。

大圓寺の写真素材


大圓寺の写真素材


数年後の大圓寺石段。
石碑が汚れて落ち着いた風合いになっていました。

大圓寺の写真素材


1309年創建のお寺ですが、昭和にも火災に遭っており、本堂も庫裡も近年の建物です。

大圓寺の写真素材

大圓寺から見る夕景。

大圓寺の写真素材

大圓寺から見る夕景。

大圓寺の写真素材


お地蔵さんと月。

大圓寺の写真素材

お地蔵さんのシルエット。

大圓寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

妙行寺

案内 写真はクリックすれば拡大

9号線に面して建つ京丹波町の妙行寺さんの写真です。

妙行寺の写真素材


雨の日。紫陽花がたっぷりと咲いています。

妙行寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

能満神社

案内 写真はクリックすれば拡大

美女山のふもとに建つ能満神社さん。
須知大宮とも呼ばれる神社です。
色とりどりの紅葉がきれいな境内。

能満神社の写真素材

参道を歩くのも清々しく気持ちがいいです。

能満神社の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

阿上三所神社(本庄)

案内 写真はクリックすれば拡大

京丹波町本庄の阿上三所神社さんの写真です。
和知に4つある阿上三所神社のうちの最古のものだそうです。
おしゃれな石灯籠が置かれた社頭。

阿上三所神社の写真素材


まっすぐで急な石段を登ります。

阿上三所神社の写真素材


拝殿、そして本殿。

阿上三所神社の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

唐鞍神社

案内 写真はクリックすれば拡大

船井郡京丹波町の唐鞍神社さんの写真です。
木々に覆われた社頭の景色がとても魅力的です。
国道9号線沿いですが、境内の位置が高く、陸橋を渡っていく形になります。

唐鞍神社の写真素材

訪れた時間が遅かったので、またいつかお詣りしたいと思います。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

玉雲寺と琴滝

案内 写真はクリックすれば拡大

「玉雲寺の紅葉・琴滝の紅葉」

京丹波町の曹洞宗のお寺、玉雲寺さんの紅葉の写真です。

玉雲寺の紅葉の写真素材

玉雲寺の紅葉の写真素材


明智光秀の兵火により焼失し、翌年に明智光秀が再興したお寺だということです。

玉雲寺の紅葉


石段に散るカエデが美しい秋の景色です。

玉雲寺の紅葉の写真素材

玉雲寺の紅葉の写真素材


山門の扁額は「霊樹山」。

玉雲寺の紅葉の写真素材


本堂前から山門を振り返って。

玉雲寺の紅葉の写真素材

その奥をどんどん進むと琴滝があります。
小さいけれど美しい滝です。高さは43m。
映画のロケにも使われているそうです。
黄色いカエデが少し彩りを添えていました。

琴滝


場所は京都縦貫自動車道丹波ICの近く。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

長源寺

案内 写真はクリックすれば拡大

「がん封じ寺」として知られる京丹波町出野の長源寺さんの写真です。

長源寺の写真素材


平安時代に惟喬親王ががん封じの秘法を伝えたとされる逸話がその由来となっていますが、親身になって話を聴く住職の姿勢がいまでも共感を呼んでいるお寺です。

長源寺の写真素材


がん封じの祈祷が行われる観音まつりは7月。

長源寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年6月 [2]
  2. 2022年4月 [1]
  3. 2022年3月 [1]
  4. 2022年2月 [1]
  5. 2022年1月 [7]
  6. 2021年12月 [8]
  7. 2021年11月 [1]
  8. 2021年10月 [4]
  9. 2021年9月 [3]
  10. 2021年7月 [1]
  11. 2021年6月 [3]
  12. 2021年5月 [3]
  13. 2021年4月 [1]
  14. 2021年3月 [2]
  15. 2021年2月 [1]
  16. 2020年12月 [3]
  17. 2020年11月 [4]
  18. 2020年10月 [29]
  19. 2020年8月 [34]
  20. 2020年7月 [10]
  21. 2020年6月 [8]
  22. 2020年5月 [21]
  23. 2020年4月 [8]
  24. 2020年3月 [6]
  25. 2020年2月 [4]
  26. 2020年1月 [26]
  27. 2019年12月 [6]
  28. 2019年11月 [2]
  29. 2019年9月 [8]
  30. 2019年8月 [1]
  31. 2019年7月 [10]
  32. 2019年6月 [25]
  33. 2019年5月 [8]
  34. 2019年4月 [16]
  35. 2019年3月 [19]
  36. 2019年2月 [11]
  37. 2019年1月 [12]
  38. 2018年12月 [15]
  39. 2018年11月 [16]
  40. 2018年10月 [67]
  41. 2018年9月 [63]
  42. 2018年8月 [55]
  43. 2018年7月 [29]
  44. 2018年6月 [95]
  45. 2018年5月 [93]
  46. 2018年4月 [93]
  47. 2018年3月 [35]
  48. 2018年2月 [47]
  49. 2018年1月 [10]
  50. 2017年12月 [8]
  51. 2017年11月 [7]
  52. 2017年1月 [4]
  53. 2016年12月 [27]
  54. 2016年11月 [10]
  55. 2016年7月 [1]
  56. 2016年6月 [1]
  57. 2016年4月 [1]
  58. 2016年1月 [1]
  59. 2015年12月 [5]
  60. 2015年8月 [3]
  61. 2015年6月 [4]
  62. 2015年5月 [2]
  63. 2015年3月 [3]
  64. 2014年12月 [2]
  65. 2014年11月 [5]
  66. 2014年10月 [1]
  67. 2014年9月 [3]
  68. 2014年6月 [7]
  69. 2014年5月 [4]
  70. 2014年4月 [1]
  71. 2014年3月 [3]
  72. 2014年2月 [6]
  73. 2014年1月 [9]
  74. 2013年12月 [3]
  75. 2013年9月 [3]
  76. 2013年8月 [3]
  77. 2013年5月 [6]
  78. 2013年4月 [14]
  79. 2013年3月 [7]
  80. 2013年2月 [2]
  81. 2013年1月 [4]
  82. 2012年12月 [4]
  83. 2012年11月 [7]
  84. 2012年10月 [9]
  85. 2012年9月 [8]
  86. 2012年8月 [16]
  87. 2012年7月 [2]
  88. 2012年6月 [1]
  89. 2011年5月 [4]
  90. 2011年4月 [9]
  91. 2010年7月 [1]
  92. 2008年8月 [1]
  93. 2008年7月 [1]
  94. 2008年6月 [2]
  95. 2000年7月 [1]
  96. 2000年5月 [2]
  97. 2000年4月 [1]
  98. 2000年3月 [2]