sozai_head.jpg

タグ「猿」の一覧

新日吉神宮

案内 写真はクリックすれば拡大

初見では名前の読めない新日吉神宮(いまひえじんぐう)。後白河法皇が1160年に建てた神社です。

新日吉神宮の写真素材

桜もたくさん咲きます。
新日吉神宮の写真素材

境内はいつもきれいに手入れされていて、気持ちの良いところです。
狛犬でなく狛猿が置かれているのは日吉大神のお使いだから。
新日吉神宮の写真素材


本殿裏のスダジイの巨木。

新日吉神宮のスダジイの写真素材


新日吉祭。鳳輦の行列が正面橋を渡ります。

新日吉神宮 新日吉祭の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

正行院(猿寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

京都駅の東に建つ正行院さんの写真です。
猿にまつわる言い伝えが残っているので、猿寺の名で知られています。
写真はありませんが、堂内には上人のひざの上で合掌をする猿の木像があります。

正行院(猿寺)の写真素材


サイドに建つ地蔵堂にはいつでもお詣りできます。輪形地蔵さんです。

正行院(猿寺)の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

幸神社

案内 写真はクリックすれば拡大

幸神社は、しあわせじんじゃと読んでしまいそうですが、さいのかみのやしろ
御所の東北の鬼門を守護する位置に建つ小さな神社です。石碑には出雲路幸神社とあります。

幸神社の写真素材


猿田彦大神を祭神とし、鬼門除けのほか、縁結びや芸能上達にもご利益があるそうです。
社殿にはお猿さんの絵馬がびっしり。

幸神社の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

猿丸神社

案内 写真はクリックすれば拡大

猿丸神社(さるまるじんじゃ)

宇治田原町の猿丸神社は古今和歌集のこの歌で知られています。
奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の声きく時ぞ秋はかなしき。
猿丸神社
狛猿が両側にいます。
猿丸神社

猿丸神社の紅葉

猿丸神社境内にはカエデがたくさん植えられています。
若木が多いので、年々大きくなり、紅葉景色の迫力も増してきます。


彩りがまちまちで、どこを見てもグラデーションの美しさがあります。
拝殿のかたわらのカエデは真っ赤。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年6月 [2]
  2. 2022年4月 [1]
  3. 2022年3月 [1]
  4. 2022年2月 [1]
  5. 2022年1月 [7]
  6. 2021年12月 [8]
  7. 2021年11月 [1]
  8. 2021年10月 [4]
  9. 2021年9月 [3]
  10. 2021年7月 [1]
  11. 2021年6月 [3]
  12. 2021年5月 [3]
  13. 2021年4月 [1]
  14. 2021年3月 [2]
  15. 2021年2月 [1]
  16. 2020年12月 [3]
  17. 2020年11月 [4]
  18. 2020年10月 [29]
  19. 2020年8月 [34]
  20. 2020年7月 [10]
  21. 2020年6月 [8]
  22. 2020年5月 [21]
  23. 2020年4月 [8]
  24. 2020年3月 [6]
  25. 2020年2月 [4]
  26. 2020年1月 [26]
  27. 2019年12月 [6]
  28. 2019年11月 [2]
  29. 2019年9月 [8]
  30. 2019年8月 [1]
  31. 2019年7月 [10]
  32. 2019年6月 [25]
  33. 2019年5月 [8]
  34. 2019年4月 [16]
  35. 2019年3月 [19]
  36. 2019年2月 [11]
  37. 2019年1月 [12]
  38. 2018年12月 [15]
  39. 2018年11月 [16]
  40. 2018年10月 [67]
  41. 2018年9月 [63]
  42. 2018年8月 [55]
  43. 2018年7月 [29]
  44. 2018年6月 [95]
  45. 2018年5月 [93]
  46. 2018年4月 [93]
  47. 2018年3月 [35]
  48. 2018年2月 [47]
  49. 2018年1月 [10]
  50. 2017年12月 [8]
  51. 2017年11月 [7]
  52. 2017年1月 [4]
  53. 2016年12月 [27]
  54. 2016年11月 [10]
  55. 2016年7月 [1]
  56. 2016年6月 [1]
  57. 2016年4月 [1]
  58. 2016年1月 [1]
  59. 2015年12月 [5]
  60. 2015年8月 [3]
  61. 2015年6月 [4]
  62. 2015年5月 [2]
  63. 2015年3月 [3]
  64. 2014年12月 [2]
  65. 2014年11月 [5]
  66. 2014年10月 [1]
  67. 2014年9月 [3]
  68. 2014年6月 [7]
  69. 2014年5月 [4]
  70. 2014年4月 [1]
  71. 2014年3月 [3]
  72. 2014年2月 [6]
  73. 2014年1月 [9]
  74. 2013年12月 [3]
  75. 2013年9月 [3]
  76. 2013年8月 [3]
  77. 2013年5月 [6]
  78. 2013年4月 [14]
  79. 2013年3月 [7]
  80. 2013年2月 [2]
  81. 2013年1月 [4]
  82. 2012年12月 [4]
  83. 2012年11月 [7]
  84. 2012年10月 [9]
  85. 2012年9月 [8]
  86. 2012年8月 [16]
  87. 2012年7月 [2]
  88. 2012年6月 [1]
  89. 2011年5月 [4]
  90. 2011年4月 [9]
  91. 2010年7月 [1]
  92. 2008年8月 [1]
  93. 2008年7月 [1]
  94. 2008年6月 [2]
  95. 2000年7月 [1]
  96. 2000年5月 [2]
  97. 2000年4月 [1]
  98. 2000年3月 [2]